さいたま市立内谷中学校 本文へジャンプ
校長あいさつ

校長  山浦 麻紀(やまうら まき)


 こんにちは。この度は、内谷中学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。新しい情報を提供し、本校の教育活動を紹介していきます。

 

 さて、平成30年度もスタートしました。1年生315名(9学級)、2年生338名(9学級)、3年生328名(9学級)、全校生徒981名(27学級)の内谷丸は出航しました。昨年の統計でみますと埼玉県内一の生徒数の多い中学校でした。昨年度からは1学級の減ですが、生徒も先生方もパワフルなことは変わりません。

 

本校の学校教育目標は、さいたま市学校教育ビジョンで示された、さいたま市の目指す子ども像「ゆめをもち、未来を切り拓く、さいたま市の子ども」を受け、これまでと同様に「進んでで学ぶ」「心豊か」「たくましく」と設定しました。また、その実現を図るため、生徒一人ひとりの自立を目指し、知・徳・体・コミュニケーションをバランスよく身に付けさせると共に、一人ひとりの可能性を伸ばし、「生きる力」を育む教育を推進してまいります。

このような趣旨を生徒達にはわかりやすい言葉で伝えました。目指す学校は 「心と心の触れ合う学校」です。生徒と生徒、生徒と教員、教員と保護者、生徒と保護者、生徒と地域の方々、教員と保護者、教員と地域の方々、等々、自分の心を感じ他者の心を感じ、誰もが元気に明るく安心して学校生活を送ることのできる学校にしてまいりたいと考えます。そのためにも、生徒一人ひとりが仲間も自分自身をも、大切に、大切にして欲しいと願います。教職員一同、一枚岩で努めてまいります。何卒、御理解、御協力のほど宜しくお願い致します。