ケータイ安全教室の様子

主題「情報モラル指導についての取り組み」

さいたま市立内谷中学校

 

1 ねらい

 情報モラルの育成について具体的な目標として、情報化社会において情報の渦に流されることなく、自分なりの考えで、情報を収集し整理・選択して活用する能力と態度を養うなかで、情報の重要性や、情報にする責任感を育て、ネットワーク環境における情報モラルの育成をめざしていく。

 

2 指導計画

 【1年】○進んでコンピュータについて学習しようとする。
     ○コンピュータの基本操作ができる。
     
○総合的な学習の時間において積極的にインターネットの活用ができる。
     
○ケータイ安全教室を通して、情報に関する具体的な知識を身につける。
  【2年】○基本的なアプリケーションソフトを活用できる。
     
○コンピュータを活用しながら、ネチケットを身につける。
     ○インターネットやEメール等を活用して情報の収集ができる。
     ○ケータイ安全教室を通して、情報に関する具体的な知識を身につける。

 【3年】○コンピュータを各教科・領域で積極的に活用して自己の学習に生かすことができる。

     ○インターネット等を活用し、情報の収集・整理・選択・加工・発信ができる。

     ○著作権や個人情報の保護について考え、実践することができる。

 

3 授業実践例

<1年>

・「デジカメを利用して自分の作品を紹介しよう」

 写真を利用するにあたり、「著作権」「肖像権」について説明し、身近なものとして意識させた。

<2年>

・「インターネットを利用して情報を収集しよう」

 「ネット社会の歩き方」(Eスクエア・プロジェクト)を利用し、「情報検索」「情報発信」について基礎的な理解と、実際の利用方法について学習させた。

・「電子メールの利用」

 LANを利用し実際に電子メールの体験をさせ、いろいろな問題点を具体的に挙げさせた。そのあとで「インターネットを利用する方のためのルール&マナー集」(財団法人インターネット協会)を利用し、電子メールの利用方法、モラルやマナーについてまとめをさせ、身近な問題として考えを深めさせるようにした。

<3年>

・「応用ソフトウェアを利用した作品づくり

 これまでに学習したソフトを利用し、課題を解決していくなかで、情報モラルの必要性について考えさせた。

著作権・プライバシーに注意し、情報化の進展がもたらす社会や人間に対する影響について考えさせ、作品づくりに取り組んだ。

 

 

4 成果と今後の課題

 インターネットを実際に利用したりケータイ安全教室で外部講師の方の講義を聴いたりするなかで、「情報モラル」や「マナー」について具体的に学習し意識させるように取り組ませている。しかし、不必要なサイトへのアクセスや、携帯電話の問題など、情報社会のなかで様々な状況に接していて、身近なトラブルに巻き込まれる可能性がある。今後、家庭や社会と連携を取りながらこれらの問題について学習していくことが課題となる。